観音池ポークができるまで

image

d1

デュロック

d2

LW(ランドレース×大ヨークシャー)

 1.交配

観音池ポークは、異なる3つの種を掛け合わせる「三元交配」という方法で生産されます。具体的には、ランドレース種と大ヨークシャー種を親に持つLW(またはWL)とデュロック種を掛け合わせたLWD(またはWLD)という種です。
観音池ポーク出荷組合では、近年主流になりつつある人工授精を平成8年から導入しています。

d3

 2.出産

母豚は1回の出産で、11頭前後の子豚を生みます。生後1ヶ月で離乳するまで、母豚のおっぱいを飲んで大きくなります。生まれたばかりの子豚は体力的にも弱く、温度などへの適応性が低いので、生産者はしっかり目配りをして子豚の発育をサポートします。

d4

 3.肥育

離乳すると、成長するまでの約50日間を子豚舎で過ごします。豚は非常にデリケートな生き物で、寒かったり、エサが急に変わったり、窮屈なところで飼われるとストレスが溜まり、発育が悪くなりますので、そうならないよう万全の注意を払います。

d5

平均115キロで出荷

 4.出荷

生後200日を経過し、体重が115kgになるといよいよ出荷です。愛情をかけて育てた豚が農場を旅立つのは、嬉しいと同時に寂しくもあります。観音池ポーク出荷組合では、2農場で年間約15,000頭の肉豚を出荷。出荷された豚は県内外のお店で「観音池ポーク」として販売されています。